飲食店経営がゴミのトラブルで頭を悩ますことは珍しいことではありません。

ゴミが散乱しているシーンは景観を悪くするだけではなく、店の信頼を失いかねないほどの問題に発展してしまうこともあります。

そこでゴミが荒らされないため対策について、深掘りしていきたいと思います。

野良猫がゴミを荒らす理由とは?

野良猫はゴミを荒らすというとイメージが湧かない人もいるかもしれません。野良猫にとって飲食店から出る生ゴミは大好物です。

生ゴミ特有のニオイがありますが、人間にとっては不快に感じるニオイでも猫にとってはご飯のニオイと感じてしまいます。

また生ゴミを放置したことによりネズミやゴキブリなどの害虫が寄ってきますが、これらも猫にとっては食料になるものです。

野良猫にとって生ゴミは生きていく為に欠かせないものでもあるのです。

そんな野良猫対策として早朝のゴミ収集車が来る直前にゴミを置く方法もありますが、飲食店の場合、大抵が営業終了後にその日のゴミをまとめて指定の場所に出す場合がほとんどですよね。

早朝に出したくても店舗に人もいないのでどうしても夜になってしまいます。ゴミ袋を二重・三重にしてニオイを軽減する方法もありますが、猫はとてもかしこいのでここに生ゴミがあることを知っています。

ゴミ袋に穴を開けて中身を確認した上でゴミを漁ってしまいます。

実際にどんなに野良猫対策をしていても何度でもゴミを荒らすので困ってしまう人も多いのです。

野良猫のゴミ荒らし対策に「番人くん」

野良猫のゴミ荒らしはどんなに対策をしても繰り返してしまうものです。その結果ゴミ収集周辺の排水管が汚れてしまい害虫のすみかになってしまうことも珍しくはありません。

ゴミを荒らさないようにする為には、猫を近寄らせないことが大切です。

番人くんはとても小さい形状ながら、赤外線センサーの感知角度が80℃にもなり超音波の最大範囲が6~7mととても広いので、ゴミ周辺に野良猫が寄らないように対策を施すことができます。

特に猫が侵入しやすい領域に向けて設置することで、より高い効果を発揮します。

飲食店にとって周囲でゴミを荒らされたり害虫が増えてしまっては営業妨害になります。猫のゴミ荒らしで悩む前に番人くんを使って野良猫対策をしましょう。

<おすすめコンテンツ>

『野良猫被害で本当にお困り方必見の猫よけグッズ『番人くん』のページをチェックください。