庭に侵入してくるのは、野良猫だけとは限りません。

お隣さんのペットである猫ちゃんだったり、ご近所で飼われている半野良の猫であるケースだってあるのです。

実はこれって、野良猫に面倒かもしれません。

それは近所トラブルに発展する可能があるからです。

そこで今回は飼い猫が庭に侵入する理由について深掘りして行こうと思います。

近所の猫が庭に侵入してくる理由とは?

室内で飼っている猫とは違い、外をお散歩する猫の場合約50m~100mの広範囲を移動します。

猫は一度ここでトイレをすると決めるとその場所を移動させることはありません。

その為、あなたの家に頻繁に糞尿があるのだとしたら猫はあなたの家の庭をトイレととして認識していることになります。

最初は少量でもだんだんと糞尿が増えていき特に夏場などの湿気が多く暑い時期にはその糞尿のニオイがひどくなり、とてもじゃないけど快適な生活ができなくなってしまいます。

糞尿をそのまま放置しているとハエなどが飛び衛生的にもいいことはありません。

しかも猫の場合、侵入しないようにさまざまな対策をしてもしばらくは近寄らなくなりますが2~3日もすればその対策に慣れてしまい、今まで通り庭に来て糞尿をしたり爪とぎがてらガーデニングを荒らしたりを繰り返してしまいます。

どんな対策をしても効果が長続きしないのはこの為です。

猫が庭に侵入しない為に「番人くん」

番人くんはそういった猫の糞尿や庭を荒らすトラブルに高い効果を発揮します。

その仕組は敷地内に猫が侵入しようとすると不快に感じる超音波を発生させ、猫が庭に侵入できないようにしてくれるのです。

猫にとって不快な音を察知すれば一度その場所を離れます。でも猫は何度でもその庭に侵入しようとしますが、その度に番人くんの超音波が作動して猫が寄り付かない庭にしてくれるのです。

猫は安心できない場所では糞尿をしませんので、短期間で猫が寄り付かずいつでも衛生的な庭に変えることができるのです

番人くんのすごいところは対象となる猫を選ばないことです。どの猫除け対策も効果を発揮します。

猫が一度トイレとして認識してしまった庭はそのままにしていても改善されることはありません。超音波の力で猫が寄り付かない庭環境を作り出しましょう。

<おすすめコンテンツ>

『野良猫被害で本当にお困り方必見の猫よけグッズ『番人くん』のページをチェックください。