幼稚園関係者も困る、砂場にある猫の糞尿対策

子どもが安心して遊べる場所を提供するのは、幼稚園がひとつの役割と言えます。

そして子どもの安全をケアするのは、遊具だけでありません。衛生面のケアも重要となってきます。

例えば、幼児が大好きな砂場や園庭は衛生が保たれていなければならない場所でしょう。

砂場や園庭に猫のフンが放置されていて、万が一小さな園児が口にしてしまったら考えたらおぞましいことです。

そこで、幼稚園だからこそ気をつけたい砂場の野良猫被害対策について深掘りしていきたいと思います。

幼稚園だからこそ気をつけたい砂場にある猫の糞尿

幼稚園の砂場は子どもたちにとって憩いの場でもあります。砂を使った教育は子どもたちの五感を刺激して成長を促すことから、遊びながら学べる場として推奨しているところも多いのです。

ですがこの幼稚園の砂場に野良猫などが糞尿をしてしまい、それを免疫力の弱い子どもが触ることでアレルギーの原因となること、なかには皮膚に炎症を起こしてしまうといったケースが多発しています。

多くの幼稚園では砂場を使用しない時はシートで覆い、朝は砂おこしをして定期的に砂の入れ替えをしたりして対策を行っています。

多い幼稚園で週1回、少ないところでも1ヶ月に1回は砂場を清潔に保つために猫の糞尿をキレイにして子どもたちが安心して遊べる環境を作り出しているのです。

それでも猫にとって砂場は快適なトイレ環境が整っていますので、ちょっと目を離したすきに糞尿をしてしかもそれを猫の習慣で砂の中に埋めてしまうのです。

そんな糞尿が1個でも見つかれば子どもを預けているお母さんたちは不安に感じクレームの原因にもなりかねません。

幼稚園の砂場は「番人くん」で守ろう

どんなに対策をしても完全に猫の糞尿を予防することができない場合、例えば猫の数が多すぎる、近所で餌をあげている人がいるなどの場合、番人くんの使用をおすすめします。

野良猫による被害はないかな?今日も糞尿がないかな?などと毎日悩むこともなくなります。

番人くんはただ置くだけなので、掃除をする手間もかかりませんし徐々に猫が幼稚園の敷地内に近づかなくなります。

幼稚園のように大切な子どもを預かっている場所だからこそ、しっかりとした野良猫の糞尿対策が必要です。それが幼稚園の信用問題にも繋がります。

<おすすめコンテンツ>

『野良猫被害で本当にお困り方必見の猫よけグッズ『番人くん』のページをチェックください。