保健所といえば野良犬や野良猫を引き取ってくれるイメージが強いですよね。

しかし、保健所では野良猫の捕獲や引き取りはしてくれないことがほとんどです。

今回は、保健所が野良猫駆除をしない理由と私たちが取るべき行動についてご紹介いたします。

保健所で野良猫を捕獲してくれない理由

野良猫と飼い猫の区別がつきにくい

保健所が野良猫を捕獲しない一番の理由は、

その猫が野良猫なのか飼い猫なのか区別することが難しいから」です。

猫は犬と違って、放し飼いをしている人が多いため、家に侵入してくる猫に飼い主がいないということを証明することは非常に困難です。

野良猫を捕獲した後に飼い主が現れる可能性もありますから、もし捕獲して殺処分でもしてしまっていたら取り返しのつかないことになってしまいますよね。

このように、間違えて飼い猫を引き取ってしまったら大問題になってしまうため、保健所では基本的に野良猫の捕獲や引き取りは行なっていないのです。

”基本的に”というのは稀に例外もあり、伝染病の可能性がある場合や、大怪我をしている野良猫や育児放棄された子猫などは捕獲してくれることもあるようです。

野良猫は法律で捕獲する必要がない

保健所の業務の中には狂犬病予防のため、野良犬は駆除しなければならないという法律があります。

というのも、狂犬病は人にも感染する感染症の一種で、発症するとほぼ100%の確率で死亡してしまう病気なので阻止する必要があります。

しかし、猫にはそのような法律がないため、保健所の業務として野良猫の駆除を行う必要はないのです。

さらに、野良猫は動物愛護法で愛護動物に認定されているため、簡単に駆除することはできません。

動物愛護法とは、対象動物の生命を尊重し愛護することを目的とした法律で、対象になっている動物をみだりに傷つけたり殺したりすることは禁止されています。

そのため、保健所が野良猫被害に悩まされている人がいることを分かっていても、動物愛護法があるため理由なく駆除はできないのです。

野良猫を捕獲して保健所に持っていくことはできる?

動物愛護法違反にならないように捕獲する

野良猫を個人で捕獲して保健所に持ち込むこと自体は違法ではありません。

ただし、前述したように、野良猫は動物愛護法で守られている動物なので、

例えば、野良猫に暴力をふるったり、毒餌を食べさせたりなど、野良猫駆除のために野良猫を苦しませたり死なせたりすると、動物愛護法に違反する虐待行為をしたことになります。

その場合、2年以下の懲役、または200万円以下の罰金に処せられますので、自分で捕獲する際には十分な注意が必要です。

保護された野良猫は引き取ってくれる

野良猫を捕獲するだけなら「みだりに」傷つけているわけではないので動物愛護法には違反していません。

明らかに殺処分目的での持ち込みや、野良猫か飼い猫かの区別が曖昧である場合の持ち込みでなければ、保健所は引き取りを拒否することはありません。

というのも、保護(捕獲)された野良猫に関しては、各都道府県に引き取りの依頼があった場合には、引き取らなければならないとされているからです。

ただし、自治体によっては成猫の野良猫は引き取りをしていないところもありますので、保健所に連れて行く前に、お住まいの自治体のホームページなどで確認しておきましょう。

引き取られた野良猫はどうなるの?

結論から言うと「保健所に持ち込む=殺処分」と考えて間違いありません。

野良猫を捕獲して保健所に連れて行くと、3~7日保護され、その間に飼い主が見つからなかった場合、殺処分されてしまいます。

飼い主がいない野良猫に1週間で新しい飼い主が現れたり、里親団体が引き出してくれる可能性は限りなく低く、1年間に保健所に持ち込まれる約10万匹の野良猫のうち9割が殺処分されているのです。

近年では、犬や猫の殺処分を減らそうと、動物愛護センターが地域で譲渡会を開催して里親を探すというような取り組みもされていますが、殺処分はなかなか減らないと言うのが現状です。

保健所は野良猫被害に対応してくれるの?

野良猫は動物愛護法に守られており、保健所等が積極的に野良猫を捕獲、駆除するようなことはないということはお分りいただけたと思います。

そうなると「保健所は野良猫対策を何もしてくれないの?」と思いますよね。

しかし、保健所が野良猫駆除以外で対応してくれることはいくつかあります。どのような対応をしてくれるのか見ていきましょう。

迷惑な住民に注意や指導をしてくれる

野良猫の被害に遭われている方の中には、近隣の住民が野良猫に餌をやっていて困っているという人も多いのではないでしょうか。

注意したとしても、餌をやっている本人は悪気がないため聞き入れてくれる可能性は低いですし、近隣トラブルになるのを危惧して注意できないという人もいると思います。

そのような場合、保健所に相談すると、保健所の職員が餌をやっている人の家に警告としてチラシを入れたり、直接注意したりなどの対応をしてくれます。

近隣住民から苦情があることを第三者によって伝えられることで、餌やりをやめる人もいます。

どうしてもやめない人に対しては、敷地内に猫用トイレの設置、糞尿の後片付け、餌のやり方についてなど、近隣住民の迷惑にならないような指導もしてくれますから、躊躇せず保健所に相談しましょう。

猫避けグッズの貸し出しをしてくれる

野良猫の被害を保健所に相談すると、自治体によっては猫避けグッズを貸し出してくれるところもあります。

多くは超音波式の製品で、2~3週間程度と期間限定ではありますが、無料で猫避けグッズをレンタルできるというのはとても便利です。

というのも、野良猫はとても頭の良い動物なので、自分で猫避けグッズを購入しても思うような効果が出ない場合が多く、むやみやたらに購入してお金を無駄にしてしまうことがあるからです。

その点、保健所でレンタルすれば、野良猫に効果があるのかどうかを無料で試して判断することができるのですから、これを使わない手はありません。

ただし、保健所の猫避けグッズにも数に限りがありますので、レンタルを希望してもすぐに貸してもらえない可能性もあります。

レンタルしたい場合はあらかじめ保健所に連絡して聞いておくと良いですね。

野良猫対策のアドバイスをしてくれる

野良猫を減らす活動は保健所の中でも重要視されているため、さまざまな相談の乗ってくれます。

具体的には、野良猫駆除のアドバイスをしてくれたり、効果のある猫避けグッズを教えてくれたりします。

即効性は期待できませんが、何もしないよりマシだと思って、一度近くの保健所に野良猫被害を相談してみてはいかがでしょうか。

保健所を上手に活用すれば、野良猫被害を抑えることができる可能性があります。

最後に、保健所のほかに動物愛護センターを利用するという方法もあります。

動物愛護センターも保健所と同様で、職員の方が捕獲や駆除をしてくれることはありませんが、持ち込まれた野良猫の引き取りはしてくれます。

ただし、動物愛護センターは里親探しを優先しており、殺処分には積極的ではないため、駆除目的の持ち込みは拒否されることが多いです。

あらかじめ野良猫による被害状況を説明しておけば、引き取ってくれるかもしれませんね。

<おすすめコンテンツ>

『野良猫被害で本当にお困り方必見の猫よけグッズ『番人くん』のページをチェックください。