大切に育たて野菜のとなりに、猫の糞が…

食べる気を失ううえに、怒り心頭ではないでしょうか?

しかし黙って見過ごすわけにはいられません!なんとか二次被害を防がなくてはなりません。

というのものら猫は縄張り意識が強いため、また同じ場所にフンをされる可能性があります。

早急に対策を練らないと、のら猫のトイレ場になってしまうなんてことも…。

そこで野良猫の侵入を防ための方法として、『猫よけネット、フェンスや有刺鉄線』を設置することが考えられますが…

これらのアイテムで本当にのら猫対策になるのでしょうか?

それでは一個ずつその効果を深掘りしていきましょう。

効果ある?ない?

猫よけネット

まず最初に、猫よけネットから見ていきましょう。

猫よけネットとしていますが、カラスや鳥よけ用、害虫よけ用などネットであればどれでも効果は一緒だと思います。

ネットで周囲を囲ってフタをしてしまえば、物理的にのら猫は侵入できません。

例外としてノラネコがネットを破壊、または手抜きで隙間があったといった人為的なミスがあった場合は、侵入されてしまいますが…。

ということは、猫よけのネットは「効果あり」になります。

またフタはしないでも、のら猫の侵入を防げるという情報もあります。

のら猫もわざわざネットを飛び越えてまで、侵入することはないようです。

しかし、デメリットもあります。

それは全体を囲うとなるとかなり手間がかかりますし、費用もかかってしまいます。

あと出入りが面倒というデメリットもあります。

猫よけだけではなく、鳥害や虫害までを考えて設置するのであれば、良いかもしれません。

フェンスや有刺鉄線

ではフェンスと有刺鉄線はどうでしょうか?

まずフェンスですが、相当な高さがなくては効果がありません。

それは、ネコちゃんのジャンプ力がすば抜けているからです。

説はいろいろあるようですが、1.5~2メートル程度の高さのものであれば、容易に飛び乗ることができます。

この高さをカバーするフェンスを設置するのは結構たいへんですね。

では有刺鉄線はどうでしょうか?

有刺鉄線の場合、隙間なく設置すれば、ネットと同様の効果が見込めます。

しかし、見た目も悪く、人が近づくと危険ですで、有刺鉄線を猫よけにするくらいなら、猫よけネットのほうが良いですね。

どちらも「効果なし」というか、「不向き」といったところでしょうか。

猫よけとしては?

野良猫対策としては、この中では猫よけネットが良さそうですね。

しかしデメリットもありますので、目的にあわせて使用する必要がありそうです。

ここでひとつ耳寄りな情報があります。本当に猫被害で困っている方で、今すぐ何とかしたい!と言う方向けですので、該当しない方はすいません・・・

それは超音波を使って猫を退散させる方法です。

こういった商品はいくつか販売されているようなのです、満足度、口コミ、アフターフォロー、返金制度などを考慮するとおすすめなのが、『番人くん』というアイテムです。

顧客満足度:91.4%って結構な数字だと思いますし、本当に猫の被害で困っている方は『番人くん』をチェックして下さい。

<おすすめコンテンツ>

『野良猫被害で本当にお困り方必見の猫よけグッズ『番人くん』のページをチェックください。